ビューティーオープナー 全成分

全成分の中で中心の卵殻膜エキスと香りの3成分について

全成分の中で中心の卵殻膜エキスと香りの3成分について

 

ここではまず、ビューティーオープナー全成分の中で中心となる、卵殻膜エキスについて詳しく解説していきます。

 

全成分の中心の卵殻膜エキスについて

 

ビューティーオープナーの効果の秘密はV型コラーゲンにあります。

 

お肌の70%を組成するコラーゲンですが、ハリや弾力を支える中心はV型コラーゲンで、肌を若々しく保つには重要な成分です。

 

しかし、加齢と共に減少し、食事やサプリメントから取ることが難しい成分です。

 

ビューティーオープナーは卵殻膜エキスの働きにより、減少しつつあるV型コラーゲンの生成を助けてくれるそうです。

 

そのため、ただのコラーゲンやヒアルロン酸だけでは効果が見られなかったお肌にも効果を発揮してくれるんです。

 

ビューティーオープナーの香りの3成分とは?

 

ここからは、ビューティーオープナーの香りに使われている成分について、詳しく説明していきます。

 

3種類の自然由来のエッセンシャルオイル

 

ビューティーオープナーには全成分の中心として卵殻膜エキスが使われていますが、他にも、3種類の自然由来のエッセンシャルオイル(レモングラス油・ローズマリー油・ゼラニウム油)が使われています

 

では、それぞれのエッセンシャルオイルについて説明します。

 

レモングラス油

 

レモングラス油は、気持ちをリフレッシュさせる香りがします。

 

元気が出ない時、落ち込んでいる時などに、気持ちを再活性させる作用があるそうです。

 

さらに、レモングラス油には痛みを和らげる働きがあるので、頭痛や神経痛、運動後の筋肉疲労の回復にも大変役立つエッセンシャルオイルです。

 

血液の循環を促進する働きもあるので、血行や代謝も改善され、冷え性による脚のむくみや肩こりなどにもとても効き目があるそうです。

 

ローズマリー油

 

ローズマリー油は神経に働きかけて、集中力や記憶力をアップさせる作用があると言われています。

 

精神的に疲れてしまっている時にもすごく役立つエッセンシャルオイルです。

 

気持ちをシャキッとさせる働きがあるので、起きたばかりの朝や眠くなりがちな運転している最中、パソコンに向かい続けて疲れてきた時などにおすすめです。

 

アロマランプやアロマポットなどを使わなくても、熱いお湯が入ったカップやハンカチなどに数滴付けると、手軽にローズマリーの香りが広がり、気分がすっきりします。

 

お肌のお手入れに利用すると、血液の流れがスムーズになり、新陳代謝が高まる働きがあります。

 

抗酸化作用という細胞の衰えを阻止する働きもあるので、若返りのハーブとも呼ばれているそうです。

 

ゼラニウム油

 

ゼラニウム油は緊張した気持ちをほぐし、前向きな気持ちにさせてくれる作用があるそうです。

 

お肌のお手入れに利用すると、お肌を引き締めたり、殺菌したり、細胞を活性化させたりする働きがあります。

 

さらに、お肌の血行を促進したり、脂性肌や乾燥肌を改善したりなどの効き目もあると言われています。

 

公式サイトで香りを試してみましょう!

 

3種類の自然由来のエッセンシャルオイルの香りはお互いに影響し合って、ハーブのような気持ち良い香りが作られています。

 

ビューティーオープナーが自分に合った香りかどうか、公式サイトでお試しして、ぜひ確認してみてください。

 

⇒ビューティーオープナーの詳細を見る

 

.